会社情報

沿革

1989年(平成元年)
3月1日 全駅終日禁煙
3月30日 19年間(連続9期)運転無事故表彰を受賞
4月1日 旅客運賃および運輸に関する料金変更
10月1日 回数券カード導入
1990年(平成2年)
3月1日 完全週休2日制導入
10月5日 千里中央駅リニューアル工事竣工
1991年(平成3年)
11月19日 21年6カ月間(連続10期)運転無事故表彰を受賞
1992年(平成4年)
3月31日 桃山台旧独身寮解体工事完了
6月30日 企画室、不動産部を統合 開発室を新設
12月11日 創立25周年
1993年(平成5年)
12月31日 初の大晦日終夜運転の実施
1994年(平成6年)
1月4日 企業理念・行動指針制定
3月28日 「北大阪急行25年史」発刊
4月26日 24年間(連続11期)運転無事故表彰を受賞
1995年(平成7年)
1月17日 阪神・淡路大震災による被害
3月1日 旅客運賃および運輸に関する料金変更(乗継割引運賃制度導入)
7月30日 千里中央駅エレベーター新設
11月24日 北急桃山台ビル(アザール桃山台)起工式
12月1日 レジオンカード(プリペイドカード)導入(レジオン:フランス語で「地域」を意味する)
12月9日 列車ダイヤ改正および10両編成列車運行開始

ページの先頭へ戻る